製品紹介

触媒燃焼式排ガス処理装置 ZRシリーズ印刷用

燃費と脱臭効果を向上させた触媒燃焼タイプ。

触媒燃焼式排ガス処理装置(ZRシリーズ)) 印刷、塗装、化学、樹脂加工、食品工業などの現場で発生する悪臭や有害物質を触媒酸化により除去。
大気を汚染することもありません。

この製品のお問合せはこちら
特長
二次公害ゼロ

高性能の白金系触媒を使用し、250℃〜350℃の低温で有機性の悪臭成分や有害物質を水蒸気と二酸化炭素に分解・脱臭します。もちろん排水や触媒酸化にともなうNOx(窒素酸化物)などの発生もありません。

圧倒的な低燃費

燃料としては、都市ガス、LPGが適しています。触媒を使うことにより処理温度が低くなり、しかも高性能熱交換器を使用しているため燃料消費量はさらに低減。熱効率が70%のときにはトルエン換算濃度700ppm、60%では1100ppm以上の濃度があれば燃料消費量はゼロになります。

エネルギーの有効利用

処理後の排気を熱交換器により排熱回収し、プロセスの熱源、冷暖房に利用することができます。

小型テスト機

テストによる性能評価も可能です。

システム
LINE UP
排ガス処理装置
触媒燃焼式脱臭装置 ZRシリーズ
直接燃焼式排ガス処理装置 DZRシリーズ
蓄熱式脱臭装置 TRHシリーズ
濃縮式排ガス処理装置
大容量アンモニア排ガス処理装置 NZRシリーズ
乾燥脱臭装置
全熱風式乾燥脱臭装置 CDX-Nシリーズ(触媒燃焼式)
全熱風式乾燥脱臭装置 DDX-Nシリーズ(直接燃焼式)
その他
フローティングドライヤー
製品紹介TOP
ページトップへ