製品紹介

直接燃焼式排ガス処理装置 DZRシリーズ印刷用

処理ガス成分を選ばない直接燃焼タイプ。

直接燃焼式排ガス処理装置(DZRシリーズ) 排ガス中に含まれる有機性の悪臭成分を600℃〜800℃の高効率燃焼炉において直接燃焼し、脱臭します。
アンモニア、硫化水素など広範囲の臭気物質を処理できます。

この製品のお問合せはこちら
特長
二次公害ゼロ

600℃〜800℃に保たれた燃焼炉内の効率のよい排ガス混合と十分な滞留時間の確保によって優れた脱臭効果を発揮。有機溶剤成分は水蒸気と二酸化炭素に分解・無臭化されるため、二次公害が発生しません。

エネルギーの有効利用

処理後の排気を熱交換器により廃熱回収し、プロセスの熱源、冷暖房に利用することができます。

自動運転制御

各種安全装置を備えた自動運転制御のため、運転にかかる人手を必要としません。

システム
LINE UP
排ガス処理装置
触媒燃焼式脱臭装置 ZRシリーズ
直接燃焼式排ガス処理装置 DZRシリーズ
蓄熱式脱臭装置 TRHシリーズ
濃縮式排ガス処理装置
大容量アンモニア排ガス処理装置 NZRシリーズ
乾燥脱臭装置
全熱風式乾燥脱臭装置 CDX-Nシリーズ(触媒燃焼式)
全熱風式乾燥脱臭装置 DDX-Nシリーズ(直接燃焼式)
その他
フローティングドライヤー
製品紹介TOP
ページトップへ